• TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > コンサルティング

コンサルティング コンサルティング指導について

人時生産性でしっかり儲ける、実地経営コンサルティング

人時生産性でしっかり儲ける高収益ビジネスを構築するために、「個店力最大化を推進する 経営環境の設定」と「個店力最大化を担う人材育成」そして「個店力最大化のための成長組織体制」を構築します。

本プログラムによって、これまで不透明であった店舗業務を明確に管理する仕組みができあがります。社長は現場を離れたところから、社員の業務内容を確認ができるようになります。高収益の安定企業に変革することで、次のステージへ進むことができます。

本コンサルティングは「売上経常利益率が成長基準(3%)に達していない企業」、「人時生産性が活用できる環境がない企業」、「社長が現場から離れると、業務改革が自走しない企業」向けのコンサルティングです。

次に目指すは、「経常3%以上を更新し続ける企業」、「組織で稼ぐ」、「社員が活躍する」といった他社と一線を画すステージへのアップです。

人時生産性の仕組みでしっかり儲ける 個店力最大化実現に必要な5大要素

① 社長を含む主管メンバー数名、人時売上を引き上げ稼ぐ、事業構造を構築する:パイロット店舗の設定。

② 現状の収益構造を可視化し、問題点を抽出できるしくみがある:現状把握リサーチ

③ 狙った人時生産性を執行させる仕組みがある:課題設定

④ 人時生産性の要、レイバースケジュール設定活用のノウハウ蓄積し、全店展開する仕組みをもつ

⑤人的資源の調達力と短期戦力化(採用したスタッフの即戦力化)

コンサルティングの基本方針と特長はこちらを参照ください

重要

※弊社と同業に近いと判断した方、また弊社のコンサルティングノウハウを転用する可能性が高いと判断した場合、商道徳の素行が悪い、反社会的行為の可能性など、受講に不適格と判断する場合、コンサルティングはお受けしておりません。予めご了承ください。

内容等、詳しくは、TEL:03-5771-8283または、Eメール(info@ravenc.jp)あてご連絡ください。

実地経営コンサルティング

代表の伊藤が直接訪問させていただき、実地経営コンサルティングを実施していきます。

戦略的に利益を生み出す体系化されたノウハウに基づき、ひとつひとつ構築を行います。「店舗業務改革プログラム」のファイルブック、検討や纏めるためのフォーマットおよび、実際の他社サンプルを使用し、レクチャーを行います。その後、個別の事情・課題を踏まえた上で、提言させていただきます。

課題として、自社内での検討や調査はフォーマットへの取りまとめをお願いします。まとめる時間をしっかりつくることで、ひとつひとつの構築が確実に進みます。また、自社での展開の仕方や幹部や社員の巻き込み方も進言いたします。質問等はメールにて送付いただき、すぐに添削いたします。

この「店舗業務改革プログラム」がチェーン経営に於ける、複数の業務改革施策の同時進行を可能にします。今まで「現場でなんとなく・・・・」やっていたことの曖昧さが無くなり、各自が納得しながら説明ができるようになる「論理性」と「行動力」が身についていきます。また、ステップが明確なため、進捗状況が客観的にわかるようになっています。

 

《 具体的なコンサルティングステップ 》

 

 各回2時間×12回      420万円(税別)

※訪問によるコンサルティングを行います。

※別途交通費および宿泊費(都内は無料)を申し受けます。

  1. 第1回目人時売上管理と運用実務

    • 総人時の把握と基準設定時
    • 総人時と売上の関係性
    • 人時売上高と人時生産性
    • 人時運用を行うためのワークルール設定
  2. 第2回目作業指示書実践活用戦略

    • 作業指示書の目的と役割
    • 作業指示書作成の実務 業務項目一覧表の設定
    • 個人別作業追跡調査の設定
    • 一日の作業の流れの設定
  3. 第3回目非効率業務の設定と実務

    • 非効率業務の目的
    • 非効率業務設定の実務と業務改善目標値の設定
    • 非効率業務実態調査
    • 業務改善の流れ
  4. 第4回目非効率業務ヒアリングミーティング

  5.  ※ 店舗に入って実地調査を行います
  6. 第5回目店舗と本部連繋による業務簡素化戦略

    • 店舗改革プロジェクトの目的
    • 店舗改革プロジェクトの役割実務
    • 店舗業務項目の設定と運用実務
    • 個人別作業追跡調査の実務
  7. 第6回目レイバースケジュールプログラム導入と設定実務

    • レイバースケジュールプログラムの目的
    • レイバースケジュールプログラムの設定と実務
    • 必要人時と計画人時設定と運用実務
    • プロジェクト進捗管理
  8. 第7回目レイバースケジュール作業分析と作業指示書運用実務

    • レイバースケジュールプログラムの組み立て方
    • レイバースケジュールプログラムの活用と実務
    • 人時予算の設定と執行プラン設定
    • 店内作業標準の進め方
  9. 第8回目 レイバースケジュール作業分析と非効率業務の改善実務

    • 非効率業務の発見手順と実務
    • 非効率業務の目標値と執行プラン
    • 個人別作業スケジュールの設定
    • 店内作業標準のムダ発見手順
  10. 第9回目レイバースケジュールプログラムと店舗業務改善の流れづくり

    • 店舗の非効率業務の改善手順と実務の進捗確認
    • ロールモデル店舗と多店舗展開の設定
    • 年度政策としての人時予算の設定
    • 店舗業務改善の流れづくりと最終確認

第10回目作業指示書設定とレイバースケジュールプログラム移行業務

  • レイバースケジュールプログラム移行の目的と役割
  • 作業指示書からLSP移行の注意点

第11回目主管部門による非効率業務進捗確認

  • 非効率業務改善に於ける主管部の役割
  • 非効率業務改善取り組みの注意点

第12回目収益向上へ向けて業務改善の流れ

  • 収益向上へ向けたプロジェクトのあり方
  • 収益向上の答えを創り出すための注意点

《 実地経営コンサルティングの概要 》【契約内容】

コンサルティング名:実地コンサルティング 店舗業務改革プログラム

12カ月~14カ月を目安とした 基本プログラムとなります。企業の成長ステージや状況に合わせて、プログラムをカスタマイズすることも可能です。

<対 象> 決定権者(初回参加者は6名 幹部や部長の参加も可能です)第二回目以降では、関与メンバーを増やすことで、実行力を高めることができます。ご相談ください。

<提供物> コンサルティングブック+業務改革設計書 マニュアルサンプル

<回 数> 全訪問12回(各回2時間)+メール添削(進捗確認と提言)

<料 金> 420万円(税別)

<その他費用> 別途交通費(遠方の場合、宿泊費がかかります)

スポットコンサルティング(初回限定)

主に、御社の方向性の確認、課題の明確化、実地コンサルティング導入等のご相談を承ります。課題明確化のために、課題シートをご提出いただきます。

<場 所> 当社オフィス または 御社

<料 金> 45000円(税別) 約1時間(訪問の場合は、交通費別途)

※コンサルティングについてのお問い合わせは、お電話またはメールにて承ります(無料)

<参加人数> 1社 5名様までとさせていただきます。

<内 容> ・御社の課題の明確化、および方針に対する提言

       ・セミナーを受けての疑問等の解消

       ・コンサルティング導入の検討 等

日時はスケジュール調整をさせていただきます。お申込みフォームにご希望等を記入いただければ、短期間に調整が可能です。

※ 事前にご準備いただく書類(課題表、計画書など)を連絡させていただきます。

※ 尚「実地経営コンサルティング」お申込みの際には、スポットコンサルティング料金は全額編入いたします。

 

実地経営コンサルティングの導入を希望される方へ

お申込みの前に、有料のスポットコンサルティングの受講をおすすめします。御社の課題の明確化、御社の方向性の確認、コンサルティングの内容や導入についてご説明させていただきます。

お申込みフォームに、実地経営コンサルティングの希望の意向、御社の課題、ご希望の相談日時、ご質問などをご記入ください。箇条書きだけでも十分です。確認後、数日以内にメールまたは、電話でご連絡させていただきます。面談の日時を調整させていただきます。

★コンサルティングをお申込みの前に、有料のスポットコンサルティングまたは、セミナー受講をおすすめします。個店力最大化のための、大枠での考え方や自社の経営の方針と、イメージが合致したうえで、コンサルティングを実施することで効果を最大化できます。

コンサルティングお申込みフォーム

各種コンサルティングのお申し込みは、こちらからお願いいたします。

【ご確認画面】

は必須項目

※入力後、県名自動入力

確認ボタンの前に以下の承諾をお願いします。

個人情報保護方針について承諾する。

ホームページは、安心してお申込み頂ける様、セキリュティを強化しています。パソコンとサーバ間の通信データを暗号化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐ措置をとっております。