fbpx
  • TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > コラム・今週の儲かる繁盛店の視点 > 第352話:「なぜ、言ったことが実行されないのか?それは、意識やコミュニケーションの問題ではありません。御社には重要な2つの○○が欠けているから」

今週の儲かる繁盛店の視点 第352話:「なぜ、言ったことが実行されないのか?それは、意識やコミュニケーションの問題ではありません。御社には重要な2つの○○が欠けているから」

「先生、ありがとうございました、本を何度も読ませていただきましたが、その通りにやるのはホントに難しいですね」とかつて講演依頼を受けたある企業の社長さんからのご相談です。

経営者として、本を読まれご自身も同様に感じる繊細さはとても重要ですが、もう一方で、それをどうビジネスに活かすか?といった大胆さも必要で、これによって、業績は全く違う結果になってきます。

例えば、今まで観た映画や舞台で感動したのは何ですか?と聞かれた時、すぐに思い浮かぶ人は少ないと思いますが、自ら舞台に立って登壇したときのことはハッキリと覚えているものです。

本も同じで「読む」だけであれば映画を見てると同じで、「その通りに完全コピーしてやる」となれば、なんとか結果をださなくては…と意識も変わるものだからです。

「うちの社員は 感想文を書けと言わないと 本など読みませんから…」という声が聞こえてきそうですが、

語弊を恐れず申し上げれば、会社は学校ではなく、ビジネスとしてお金を稼ぐ場だということです。
「読んで感想文を書きなさい」というだけでは、利益にならない無駄な業務に時間をかけてやろうとしてるとの同じ。とハッキリ申し上げております。

運営部長や店長に「読まなくてもいいから、この本の通りにやって、出来なことがあったら相談しなさい」といった方が何倍も知恵働かせるでしょうし、結果的に企業業績も上がるからです。

伊藤自身も本は、年間150冊以上買っていますが、これが多いか少ないかは別として、全て読んでいるわけではありません。

仮に、一冊約200ページの本をまともに読もうとすると約3時間はかかりますから、最初の30ページを基準に、ビジネスに役立たないと思ったらその場で、読むのを止めます。
そうしないと時間が足りず、良い本と出会うことができないからです。

幸運にも、自分の求めていた本に出合えた時は、読み直すだけでなく、著者にアポイントをとって話を聴きに行きます。それがご縁でお付き合いさせていただくのは、人脈づくりの醍醐味といえます。

自分のビジネスを成長させるにはどうしたらいいか?ワクワクしながら準備をやりつづけるから夢中になれる、まして、自らが望む姿を実現させてくれる考え方を支援してもらえる人であれば、真剣に学びたくなるのは人の本能といえます。

そういう意味では、拙著をお読みいただいた方の想いをお聞きし、受け止めることはとても重要なことだと考えています。
前出の社長にお会いした時も、色とりどり付箋をいっぱいに貼り端が擦り切れた拙著を前に「ここなんですよ」「もうその通りなんです」と、熱い口調で語られ、そのときはお帰りになられました。

ところが、数年後、再びご連絡があり「当時、様々な問題を抱えできなかったことがようやく解決し、これに集中できる環境が整ったのでお時間をいただきたい」とのこと。

聞くところによると、長年お世話になっていた大先生がおられ、そのやり方が手詰まりとなり、悩みに悩まれ、これまで使ってきたLSPソフトの見直しを含め検討したいと、ご相談にお見えになったのです。

生産性改善の手法も、日々進化しておりますので、基本的な考えは同じでも、時流に合わせ、バージョンアップされたものにしていかなくては、ほんの少しのズレで、稼げる金額が数千万~数億と大きく変わってくるのはあたりまえの時代です。

人時割レイバースケジュールひとつとっても、業務項目の設定範囲ややそこにかかる時間といったことを、「いちいち細かいことやったってどうせできないから、だいたいこんな感じで…」といったアバウトなやり方でやってしまうと、
「ん?なんかおかしい?」「少し違うのでは?」と手遅れになってからでは遅く、望まない結果が出てくるのは、火を見るよりも明らかだからです。

問題となっている店長の長時間勤務も、業務項目ごとに自動化すべきことを設定していく事で、はじめて店長不在でも、問題なく利益を安定的に出す店づくりができる。ということです。
これにより、店長が、早朝から21時過ぎまで毎日いなければ回らないといった、長時間労働問題は解決していくことになります。

実際にお手伝いさせていただいている企業では、社長が理想とする店を、本に書かかれた手順のとおりに、1店舗作ってみてください。と申し上げています。

そうすることによって、店舗だけでなく、本部機能に何が必要で、組織をどう再編させていくのか?ということが一層明確になるからです。

ところが多くの企業では、時間が足りないとこに、さらに様々な業務指示を出し続け、店長は身動きがとれないことから、言われたことすらできない状況が頻繁に起りこの1店を作ることができないのです。最初の店舗は手作りで作っていく訳ですが、そこでは、業務量を減らし、空き時間を意図的に作り、そこに利益を生み出す仕組みを組み込んでいくことになります。

そのためには、店長個人の意識やコミュニケーション力に依存するのではなく、会社が総力を挙げて取り組まなくては出来ないのです。

さあ、貴社では 何でもかんでもやらせ、まだ、生産性向上の取り組みを先延ばししますか?それとも、社長が理想とする店づくりの実現で突破口を見つけますか? 次にその成功を手に入れるのはあなたです。