fbpx
  • TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > コラム・今週の儲かる繁盛店の視点 > 第367話:「なぜ、社内不和が収益低下になるのか?その理由は、事業にあるのではなく、○○にあります」

今週の儲かる繁盛店の視点 第367話:「なぜ、社内不和が収益低下になるのか?その理由は、事業にあるのではなく、○○にあります」

「店がこんなに頑張っているなら、商品部としてしっかり品揃えしなくてはならない。改めて身を引き締めてがんばります」とある企業の商品本部長さんの一言です。

会議に同席していた、社長、運営部長や店長は、この言葉に大きく頷いています。本部を中心に会社が大きく変わり始めた瞬間です。

前出の商品部長の言葉からも、この会社がこれまで、着実に改善を進めてきていると、ご想像がつくかと思いますが、ここからがさらに伸ばせる時期といえます。

新店や改装についても「生産性を上げるための最適なものを検討したか」と社長から檄が飛びます。
既存店では日々のオペレーション改革に余念がなく「上手くいかせる」といった緊張感が漂っています。

今は、順風満帆のこちらの企業ですが、数年前の姿からは想像もつかない状態といえます。

プロジェクトスタート当初の会議では、店長連中から「価格で勝てない、チラシを打つのは逆効果」とか「売れない商品が多く、値下げ作業が大変」「売り切れない量の送り込みが多い」といった不満だらけでした。
一方、商品部は店に対し「商品をちゃんと見て発注してない」とか「指示書をだしているのにその通りにやらない」はたまた「新商品を送り込んでも売るタイミングを逸してしまっている」と、店舗の動きの遅さや、徹底不足を指摘し、まったく噛み合わない。

同じ会社なのに、どうして、こんなに?というくらい仲の良くない状態であったことを今でも覚えています。

社長のお考えも「とにかく売上を上げる」という一点張りだったことから、正直なところ、ちょっと難しいかも…と感じていた企業のひとつでした。

ある日のプロジェクト会議でも、A店長から「チラシの訴求価格が弱く、売上が上がらない」という声がいつものように上がってきたので、

――――A店長!お気持ちは分かりますが、商品については商品部に任せ、店舗は人時で人時売上を上げる結果を、まず来月示してください。とキッパリ申し上げました。

その時の、A店長の憮然とした顔は今でも忘れませんが、それを機に、少しずつ態度が変わっていきました。

後で聞いて分かったことですが、A店長は、社内でも人の使い方には定評のあったベテラン店長で、その厳しい表情とは裏腹に、繊細な一面もありこの時は相当落ち込まれたそうです。

そういったキャリアと性格が功を奏し、その後、社内でもっとも人時に詳しいひとりとなったのです。

驚いたのはこのA店長の行動力で、LSPへのログイン回数は一カ月1000回を越え、その記録から、副店長やチーフと話し合い、本気で取り組まれた様子が伺えます。

ところが、熱中し過ぎたあまり、A店長の残業は月に100時間を超え、これでは体調を崩しかねないとの懸念から、次のステップとして、「残業をしないで進めてください」と申し上げました。

またまた、感情が顔に出やすいA店長は、鬼の形相でこちらを睨んでいます。

果せるかな、3カ月後月100時間の残業は、なんと一桁台に激減したのです。

――――どうやって、これを解決されたのですか?とお聞きすると

「人時には店長の人時も含むことから、自分の人時が減れば人時売上はあがるはず。シンプルにそこから始めようと思った」とのこと。

嬉しい誤算は、店長の残業が減ることによって、店舗全体の残業も激減したのです。A店長の店の残業代は月100万前後でしたが、それが、7割減ったことで、年度の利益目標の達成見込みが立ってしまったほどです。

これまで誰も見向きもしなかった店長の時間外労働について、真剣に向き合ったことが、この大きな成果を導き出すきっかけとなったのです。

この事例が、プロジェクト会議で報告されると、本部スタッフの動きが大きく変わりました。

バイヤーから発信される売場づくり指示書も、この作業には○○人時の必要人時がかかります。といった、但し書きか明記されるようになったのです。

また、販売促進部からは、メーカー送り込みの販促物から、手間がかからないものに変わり、商品そのものの良さが伝わるスッキリした売場なりました。

店側が求めていたのは、こういったわかりやすい文章で書かれた連絡文章であり、具体的な本部の取り組み施策でした。店はこれに基づきLSPを組むことができ、残業はさらに減っていったのです。

人時を起点とした取り組みが、本部を動かし、どうやれば 人時売上をあげることができるか?その仕組みが動き出した、今の気持ちが冒頭の商品部長の一言だったのです。

今は、もう一つの軸となる顧客満足度をどう上げるか?について、新たな取り組みが始まり、収益向上へ向けてのさらに環境が整いはじめました。

社内不和という難題から逃げずに対峙した、企業努力の賜物といえるでしょう。

さあ、貴社では、まだ、売上の為だけに 本部と店舗の不仲を傍観しますか?それとも、人時生産性を軸に、社内の結束を高め新たなステージを目指しますか? 次に成功するのは貴方の番です。