fbpx
  • TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > コラム・今週の儲かる繁盛店の視点 > 第70話:「筋肉質チェーンとそうでないチェーンの違い」

今週の儲かる繁盛店の視点 第70話:「筋肉質チェーンとそうでないチェーンの違い」

70話ppt1

第70話:「筋肉質チェーンとそうでないチェーンの違い」

 

「イトウサン、ムダな作業ってどういうのがあるんですか?」

 
—-少し前に ご相談にお見えになった、スーパーマーケットチェーンの経営者の声です。

 

 チェーン店経営に於いて 創業から頑張ってやってきたけれども、売れていた時代から人口減の時代に変わり、店舗業務改革は避けて通ることはできません。

 しかし、実際に何をどうすれば いいのか見えずらく、悩まれておられる方が多いのも事実です。
 業務改革は遅れると、現場から「対応が遅い」「口先ばかり」「何もしない」と本部は言われ、店舗の士気は一気に下がっていきます。

 

 

 実際に お店に入ってある視点で一緒に見ていくことで 発見できるムダはたくさんあります。

 その1つに、業務一つ一つの 目的がはっきり決まっているかどうかということです。

 お店に行かなくても、店舗業務を書き出してあるものがあれば、その目的を確認してみることができます。

 そこから、以前は必要だったけれども、今は必要ない作業やコストあることに気づきます。

 

 

 例えば、冷蔵ケースの設備保守費です。万が一故障した時に即座に復帰させるための定期契約です。

 かつては、大量に商品陳列するのに 人手が必要であったため、冷ケース霜取りや清掃は保守委託していました。

 今は、販売点数が下がってきているわけですからその余剰人時を 設備保守と計画販売に活用することにより、改善幅はより大きくなります。
 大事なことは、ムダなことを止めるだけでなく、そこで生まれた人時を 目的ある業務に転換していくということです。

 

 

 一方では、止めることのできない業務もあります。

 品だしなどのルーティン業務は、その1つで、最も早くできる方法見つけていかなければなりません。
 例えば、冬に入る前にスタッドレスタイヤに交換する時、「タイヤ交換を最も速くやると何分何秒できるのだろうか?」と考えて見てみれば分かります。

 まず、自分でやるか?ガソリンスタンドへもっていくか? 自分でやるなら、ジャッキが使える安全な場所は?・・・

 いろいろお考えになると思います。

 ここで重要なのは、「今までの枠に捉われない」で考えるということです。 

 

 

 ネットで調べると、タイヤ交換の最速時間は「2秒」ということです。

 え?と思われると思いますが、事実です。

 

 

 これは、直近のF1レースタイヤ交換のタイムです。

 かつては、給油の15秒ぐらいの間にタイヤ交換をすればよかったのですが ルール改訂で給油禁止となったことから、2秒という驚異的な数字となったのです。
 
 F1チームの一番のネックであった給油が無くなったわけですから、燃費のよいエンジンやタイヤ、軽量なボディー改良が進んだのは言うまでもありません。

 これによって、レース展開がわかり易く、エキサイティングになるなど 観客視点からも様々なメリットが叫ばれるようになりました。

 

 
 お店の品出しなどは タイムを競うものではありませんが、現実に何秒かかっているのかということは 知っておく必要があります。

 毎日1000ケース納品される店であれば、実際に1ケースを60秒で品出しするのを30秒に短縮することによって、1店年間300万円ものコストが変わってきます。

 100店のチェーンであれば3億円にもなります。

 チェーン店でいえば、効率のよい作業計画やツールを改良し、手際よくやるための 練習も定期的に行わなければ遅くなります。
 
 チェーン経営もF1の世界と同じで、この数秒をどう短縮するかが明日の利益に直結するのです。 

 そのためには、日々の業務目的を明確にし、余計な作業をやらない 筋肉質な本部機能をつくりあげることです。

 
 
 さて、御社でも 従業員が「今こそやるべき」と絶賛する 業務改革を始めてみてはいかがでしょうか?

 
    
 今日も 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 
●「コラム更新をお知らせいたします」
 ここから簡単登録。メールアドレスをご登録頂くと、コラムの更新時
 お知らせメールをお届けします。最新号をお見逃しされないために
 是非ご登録ください。