「今年は、頑張って新入社員を採用したのですが、ここにきてそれが重荷となっています。人時売上高による人件費管理を始める上での注意することは、ありますでしょうか?」

 とあるチェーンの人事部長からのご相談です

 7月、8月は猛暑で、売上げは上がったのですが、9月以降、それ以前の売上低迷状況に戻りました。パート・アルバイトの新規採用分も過剰気味で、その対応に追われているとのこと。

「今年の人件費収束計画は何か立てておられますか?」とお聞きすると

「うーん!」と言葉に詰まります。

 人事部の立場として、「毎年、なぜ新卒が採れないのか?」と言われていたため、とにかく今年は頑張って採用してきたそうです。

採用人員を決める前にすべきことがある!

 そもそも、新入社員をパート・アルバイトの欠員補充として採用すれば、人件費の単価は上がります。そうはいっても背に腹は代えられない事情も分かりますので、その際は、コスト吸収策も併せて準備しておかなくてはなりません。

 人時売上高を使っているチェーンでは、店舗の総人時と人時売上高、それに目指す目標値はどのくらいなのかというところから、採用すべき人員を決めていきますが、先のチェーンのように、例年通りの採用を続ければ、コストは上がる一方です。

 特に、4月採用の結果が顕著に出るのは、一番売上げの低い9月です。本来は、その時期を見据え、人件費も低く抑えなくてはならないのですが、ここで人件費を超過させてしまうと、年度の見込みが大きく変わってきます。

やってませんか?「売上げ対策の日替わりチラシ」

 なまじ、人時売上高をかじっている企業ほど、「コストが上がったら、その分を売上げで取り返せば何とかなると考える」企業が、中にはあるのですが、これをやってしまうとメチャクチャなことになります。

 よくあるのが、売上げの低い9~10月の売上底上げ策と称して、新規に日替わり販促チラシを打ったりするパターンです。これによって「短期的な売上げはとれても、月次で人時生産性が上がることはありません」と私はキッパリ申し上げています。

 理由は簡単で、人口減少でパイが減れば、販促強化で無理に売上げを上げても、その反動と、販促強化に要した人時によって、コストが上昇するからです。

 企業によって考え方があるので、とやかく言うつもりはありませんが、コントロールできる人件費には手を付けずに、コントロールしようのない売上げアップにお金をかけ、販管費と荒利のダブルのコスト負担を被っていることに気付かなければ、大変なことに…