Amazonをうまく使い、大きく稼ぐ

2019年1月18日

伊藤 稔(株)レイブンコンサルティング代表取締役

 

「競合の新規出店に加え、ネット通販によって、前年割れが続いています。人時生産性について取り組まなくては……と考えているのですが」

とあるチェーンの経営者からのご相談です。

――Amazonを使ったことはありますか?

「いいえ…」

――お時間をつくって、Amazonで「売り・買い」をやってみてください、とお伝えすると

「ネットはあまり詳しくないので……」と声が小さくなります。

 Amazonが、コンビニが、ドラッグストアがと、不振理由を上げる方は多いのですが、彼らが何をどうやって稼いでいるのかに興味をもっておられるチェーン経営者が少ないのにも驚かされます。

アマゾンのアルバイト採用単価は1500円

 創業者・ジェフベゾスが小売りチェーンのウォルマートを徹底研究して、あの通販モデルを創り上げた話は有名です。そして、今やネット通販では、世界最大の規模と企業価値を誇るまでになりました。

 最近、話題となったのは、その採用アルバイト単価の高さです。Amazonのアルバイト採用単価は時給1500円。物流センターは24時間稼働ですから、深夜はさらに高くなります。コストコが1200円時給をつい先日発表したかと思えば、それを上回る金額です。

 一方、小売りチェーンの首都圏のアルバイト単価は、時給1000円前後。それで、このままでは利益が出ないと大騒ぎをしているのに、なぜAmazonではこんなに高い時給が出せるのか

… つづきはこちらから