今、本部がしなくていけないことを解説!

チェーン経営で業績回復させるには、店長をどう育成する?

2019年8月28日

伊藤 稔(株)レイブンコンサルティング代表取締役

店長業務は大きく変化している

 今、チェーン各社を訪問させていただいている中で、感じるのが店長の若返り化です。40代というと、もうベテラン組です。

 私が、店長になったのは42歳の時でしたから、それから考えると皆さん優秀なのだなと思う半面、団塊ジュニアの最終世代であって、「ここで確保して育成しておかないと後の人材が少ない」「早く昇格させておかないと転職されてしまう」という思いもあるのかもしれません。

 私自身、今、不振業態の代名詞となってしまっている総合スーパーの店長に憧れて前職の会社に入社したわけですが、なかなか店長になることができませんでした。お恥ずかしながら、社内の店長試験を何回受けても受からなかったという苦い経験の持ち主です。そうした中、リストラによって店長ポストが空き、ようやく店長になることができたのです。

 もちろん、だからといって試験免除にはなりませんので、その後の試験で受かりようやく正式に店長になれらのですが、試験は店舗の事例問題で「課題が山積みの店舗をどのように道筋を立てて良い方向に導いていくのか?」を制限時間内で、論文として記すものでした。

 車の運転席に座り、ハンドルを握って運転するのと、助手席に乗ったときの感覚の違いと申しますか。実際に自分で運転すれば操作も道も覚えるものですが、助手席に座っていると、道1つ覚えようとしないものです。店長試験も同じでたった半年間、店長実務に関わった後に受けた時は、何も悩まずスラスラと解答できたことを昨日の出来事のようにハッキリと覚えています。

 店長業務とは何か? 社内にその定義すらなかったことから、こうしたことでふるいにかけるしかなかったと、後に当時の人事担当者から聞いた時には、これから会社が良くなるチャンスがあると感じました。

 そうした意味では、店長業務が決まっておらず、各店バラバラなやり方だったり、昔からの店長業務を見直されていない会社にとっては、これから伸びる大きなチャンスがあるので頑張ってください、とも申し上げています。

 理由は簡単。人口減で売上げが上がらない時代と、人口が増え続けていた時代では、店舗運営方法が全く変わってくるからです。チェーン経営というのは、商品の仕入れや経理財務、人事、開発といったことは本部の主管部門が一括して行い、店舗は売上げを上げることに専念できる効率化した仕組みのことです。言い換えれば、全て本部を中心に考え、店はその通りに動くといったやり方です。

 これが今は人口減少による売上げ減少と急激なコスト上昇が利益低迷の最大原因となり、店舗の実態を随時掌握し、生産性を引き上げるために本部は動く、といったように変わってきています。

… つづきはこちらから