• TEL : 03-5771-8283
  • 〒107-0062 東京都港区南青山1丁目26-16 5F
トップ > コラム・今週の儲かる繁盛店の視点

「今週の儲かる繁盛店の視点」 コラム・今週の提言

第270話:「値決めが出来ない会社は、業務改革も出来ない!?必要なことは・・・」

先日、とあるチェーンの社長とお話ししていた時の事、とてもいいPB商品(プライベートブランド商品)があったので、御社のPBのこだわりは何ですか? と社長にお聞きすると、 「うちはバイヤーが産地に出向き、開発してきたものばかりなので、味がいいん…

詳細はこちら

第269話:システムを入れても使いこなせない会社の共通点とは?そこには致命的に欠けてるものがある!

「先生、部門別の人時売上目標はどう考えればいいのでしょうか?」とあるチェーンの幹部の方からのご相談です。 ――――部門別の人時売上?!それ出す意味あります? 伊藤は申し上げました。 「いや、部門別に人時売上を出して見ると、良い店と悪い店と大…

詳細はこちら

第268話:「売上不振の時こそ〇〇の使命を自覚すれば、勝ち残る道は必ずみつかる」

「目標人時売上を実現するためには、どういうふうにまわしていくか、店舗にも考えてもらわないとと思っています。最初から何でも揃っていったら考えないですから、人が減って、そこでやりくりする考えを引き出すようにしていきます。」 今 人時売上上昇中の…

詳細はこちら

第267話:「社長の役目は事業で結果を出し続けるパターンを見つけること!その時に必要となるのが、数々の〇〇パターン」

「先生、LSPの専門家の人に入ってもらっているのですが、中々定着化できません。定着すれば人時売上もついてくると思うのですが・・・」 二年程前、レイバースケジュールに何度も挑戦されていた、ホームセンターチェーンの経営者からのご相談です。 ――…

詳細はこちら

第265話:「業績回復の早い会社がある。その一方で、業績回復の目処の立たない会社がある。そこにある決定的な差とは?」

「先生、今まで いろいろな取り組みをしても効果が続かず 結果が変わらなかったのですが、前期は7年ぶりに増益できました。こうすれば変わる、と実感したのは今回が初めてです」 とあるGMSタイプの企業の社長の一言です。 ――――はい、その通りです…

詳細はこちら

第264話:「業革マニュアルの無い企業は、多くの人手を求める。その理由は○○から…そして、店舗と本部はギクシャクした会社となります」

「先生 業務改革でもマニュアルって作ってやっていくことになるのでしょうか?」 先日、個別相談にお見えになった 年商数百億企業の社長さんからのご相談です。 ――――はい、全てマニュアルを作って進めていきます。 「実は、お恥ずかしながら、今まで…

詳細はこちら

第263話:「売上停滞時の社長の行動こそが、その後を決定づける!!そこから飛躍するか、元に戻ってしまうのか!?」

業務改革プロジェクトに取り組んでいる、月次報告会での出来ごとです。 「人事異動で人が入れ替わって、以前には出てこなかった新しいアイデアが、次々とでるようになりました。今のうちに、非効率業務の取りまとめをやらなくてはと思っています」 店長から…

詳細はこちら

第262話:「運営部長の動きが遅い本当の理由は社長の・・・。人を育てるのが上手い会社が絶対にやることとは?」

著書の講演会などで「先生、いい話ありがとうございました」、「感銘を受けました!」といっていただくのは、こちらとしても嬉しいものです。 一方で、残念なのは、社に戻って「いい話を聞いてきました…」と社長に報告し、自己満足で終わることです。 さら…

詳細はこちら

第261話:「なぜ、多くの企業で業務量が減らないのか?人時の苦手な社長は、売上を上げるのも下手!?その理由は○○にあります」

とあるチェーンの業務改革プロジェクトで、店舗の非効率改善について報告がありました。 「特売の回数の見直し」、「ハンディターミナル端末の台数の不足」、「メーカー販促物が多すぎる」、「朝礼の時間が長い」等… 結構厳しい意見が出ています。 (社長…

詳細はこちら